爪白癬|近鉄生駒駅の形成外科・美容皮膚科|なかにし形成外科クリニック

〒630-0257
奈良県生駒市元町1-3-22 アクタスビル4階
0743‑74-9911
WEB予約
ヘッダー画像

爪白癬

爪白癬|近鉄生駒駅の形成外科・美容皮膚科|なかにし形成外科クリニック

爪白癬とは

足の爪が濁っている。

足の爪が分厚く変形している。

足の爪の周りに白い粉がついて、一部が崩れてくる。

そういう症状でお悩みの方、爪の水虫の可能性があります。

「足の爪がいつの頃からか分厚く濁って変形を伴うようになってきた。靴下に引っかかると痛いし、靴であたって痛む。隣の指に爪が当たるようになった。

なにより爪の濁りが気持ち悪い。ネットで調べたら、どうやら「爪水虫(爪白癬)」らしい。早速皮膚科を受診したところ、やはり当たりで外用薬を処方してもらった。

毎日毎日、爪にマニキュアを塗るように塗布するように言われた。

指示されたとおり毎日塗ってはいるが、まったく改善する気配がない。3ヶ月、半年、1年経過し、真面目に塗り続けたが、これって1年前と同じじゃない・・・?」

こんなエピソード、実はよく聞きます。軽症の爪白癬であれば外用塗布だけでも改善が見込めますが、分厚くなってしまった爪白癬ではなかなか薬が深部に届かず、塗っても塗っても改善していかない場合もあります。

 

爪白癬の原因

爪水虫は医学的には「爪白癬」と言われる、カビ(真菌)による感染症です。爪白癬になると、爪が徐々に濁り、分厚くなり、白い粉のようなクズが付着するようになります。

見た目はこの様な濁った爪、分厚い爪、まわりに白い粉が付着するような状態になります。放置していくと徐々に爪は変形して、最終的にはセミの抜け殻のような分厚い爪になってしまうことがあります。

変形の仕方は様々でときには巻き爪のような変形になり痛みを伴うこともあります。

 

 

 

 

 

 

 

爪水虫をあなどるな。放置すると危険な場合も。

爪水虫はそれほど急には進行しません。命に影響するような状況になることもごく稀です。

しかし、高齢者の方や免疫低下している方などで爪水虫をきっかけとして足に蜂窩織炎を生じたり、分厚くなった爪を引っ掛けたりするきっかけから、足趾の難治性潰瘍を生じたりすることがあります。

爪水虫により足の親指の爪が分厚く変形した状態で放置していると、階段で引っ掛けて爪の下がめくれ、血が溜まった状態になり、そこに細菌感染が生じてしまうことがあります。困って来院されたときには母趾全体が腫れていて、爪のすぐ下にいる骨まで溶けている状態、骨髄炎になってしまいます。

そういう場合は足全体に感染が及ばないように、入院で母趾の切断術を行います。

爪白癬の治療(フットケア治療)

一般的には皮膚科など受診されると、まず爪水虫の検査を行い、顕微鏡で菌が確認されたら塗り薬での治療をスタートします。軽症の爪水虫ならそれで治癒することもありますが、白癬菌は爪の一番深部に多く存在するため、上から塗布するだけではうまく浸透せず、なかなか効果が見られません。

分厚くなった爪水虫の爪に対しては、まずはフットケアドリルによる爪の削除処置を行います。彎曲・肥厚した爪を9割以上削除して、爪のレールの部分だけ薄く残します。そこに塗布型の爪水虫用の外用薬を使うと、非常に効果的です。見た目も即時的に良くなるので、お勧めです。

 

 

 

爪甲除去のときに白癬の顕微鏡検査を行います。白癬が陽性であれば塗布タイプの白癬治療薬を使用します。爪の外用薬にもいくつか種類がありますが、クレナフィン(科研製薬)をよく処方しています。フットケアで削ったあとの残った爪にも爪白癬は残存しており、塗布した薬剤が染み込んで効果します

まずはフットケアドリルによる爪甲除去を行います。そして自宅ではクレナフィンによる薬物療法を継続しながら3−4ヶ月ほど爪の生え方を観察します。

爪の基部がきれいになって生えてくれば除菌成功です。先端に伸びてくるまで観察しながら、追加でフットケアが必要なら再び1−2回ほど削る処置を加えます。

この方法で、6ヶ月ほどでかなり爪の状態は改善する方がほとんどです。爪による悩みがなくなり、患者様の満足度は非常に高くなります。

 

 

 

 

 

 

フットケア治療の費用

保険適応:爪白癬や巻き爪・陥入爪など病的な爪により弊害が生じており治療が必要な方

(手術費用のみの費用です。実際は検査費用や麻酔、薬の費用などが付加されます。)

K089 爪甲除去術 770点×2:1540点(左右)(3割負担:4,620円、2割負担 3,080円、1割負担1,540円)

 

自費フットケア:症状が安定している方、自分で爪切りができないなど爪管理が必要な方

爪ケア 5000円(税別)

角質ケア 5000円(税別)

爪+角質ケア 9000円(税別)

 

具体的な症例(Before-After)

治療内容:爪甲除去術(局所麻酔使用:指ブロック麻酔) 

フットケアドリルを用いて爪甲を除去し、クレナフィン(科研製薬)を1日1回塗布します。

下段は半年後の状態です。

費用:K089 爪甲除去術 770点×2:1540点(左右)(3割負担:4,620円、2割負担 3,080円、1割負担1,540円)

治療の主なリスク・副作用:麻酔の疼痛、施術後1−2日程度の創部痛、僅かな出血を伴うこともあります。