美容内服療法(サプリメント)|近鉄生駒駅の形成外科・美容皮膚科|なかにし形成外科クリニック

〒630-0257
奈良県生駒市元町1-3-22 アクタスビル4階
0743‑74-9911
WEB予約
ヘッダー画像

美容内服療法(サプリメント)

美容内服療法(サプリメント)|近鉄生駒駅の形成外科・美容皮膚科|なかにし形成外科クリニック

美容内服療法とは?

美容内服療法とは「美白・美肌の効能が高い薬剤」を自宅で内服継続していく治療です。

美白・美肌を目指して治療を行っていく上で、「施術」+「ホームケア」+「点滴・サプリメント」が非常に大切です。

美白・美肌治療では、まずは「クリニックでの施術」が思い浮かぶと思います。当然フォトフェイシャルやハイドラフェイシャル、ダーマペンなどのクリニックでの施術は即時的な効能が強く、満足度も上がります。

ゼオスキンヘルスに代表されるような効能が高い「ホームケア製品」を使用することも大切です。3-6か月ほど地道にホームケアを使っていくと、ほとんどの方は何らかの肌質改善を自覚されます。

しかし、それらの施術やホームケアも「栄養」をないがしろにしていると、本来の効果が発揮されていないかもしれません。

美容内服療法や点滴療法はそのあたりを補ってくれる、「美白・美肌の基礎治療」です。

内服薬治療のメリットは、副作用なく、簡単に、ご自宅で、しみ治療ができるといった点があります。

当院では効能の高い4つの内服に焦点を絞り、リーズナブルな価格設定にてご提供させていただいております。是非ご利用ください。

トラネキサム酸(トランサミンカプセル250mg×2)

トラネキサム酸は「抗プラスミン剤」とよばれ、通常止血剤として使われる薬です。

保険治療でも使われる薬ですが、少量を長期間服用することでシミ、特に肝斑の改善に効果のあることが明らかになっています。

紫外線刺激や、妊娠、ピルの服用によるホルモンバランスの変化で、皮膚のプラスミン活性が高まり、メラノサイト(メラニン産生細胞)が刺激されてメラニンが増加させます。
これに対して、トラネキサム酸は、その抗プラスミン作用によりメラニン産生細胞を抑制して、シミをうすくします
初めの1~2ヶ月で効果が見られ、ゆっくりとシミが薄くなっていきます。長期間の服用は、くすみまでも改善させる効果があります。

<トラネキサム酸の副作用>
トラネキサム酸は、比較的安全な薬ですが、もともとは、固まった血液の塊を溶かしにくくすることで、出血を止めるお薬です。血栓症のような血が固まりやすい病気の方には、体に合わない場合があります。そのようなお病気で治療を受けられている方は、内服を控えたほうがよい場合もありますので一度ご相談ください。

(よく勘違いされる方もおられますが、ピル内服中の方にとってトラネキサム酸は禁忌ではありません。血栓症発症のリスクは、年間で通常1万人あたり1~5人なのが、低用量ピルを飲むと1万人あたり3~9人に増える程度であり、低用量ピルを飲んでも血栓症が起きる確率はそれほど高くありません。また、そもそも血栓症のリスクが著しく高い人にはピルを処方できないため、過度に心配する必要はないと考えます。)

<トラネキサム酸の作用>

プラスミン(メラノサイト活性化因子)の阻害作用=シミを薄くする効果

ビタミンC(シナール配合錠)

ビタミンCは、「人間の体にとって必須の栄養素」です。美白化粧品の多くに含まれる美白成分であり、ご存じの方も多いと思います。

ビタミンCには免疫向上機能など、いろいろ効果があります。

美白の効能は、「チロシンからメラニン色素(しみの原因)が作られるのをブロックする」のと同時に、「メラニン色素自体を漂白する効果」があります。

また、「紫外線によるメラニン色素の生成を抑えて、色素の沈着を防ぐ働き」があります。

美容施術でビタミンCを使うと、皮膚の再生をつかさどる線維芽細胞を活性化して、コラーゲンを生成し、肌にハリをだす美肌効果があります。

ビタミンCは体内では作られず、体内にたくさんは蓄えられないため、定期的に摂取が必要になります。

酒やたばこ、ストレスが多い方は、体内でビタミンCが破壊されるため、食事での摂取量では足りなくなる場合があります。

心当たりがある方は、ビタミンCの内服(シナール配合錠)をお勧めします。

<ビタミンCの作用>

チロシナーゼ活性阻害作用(メラニンができるのを防ぐ効果)
メラニンの直接還元作用(メラニンの漂白効果)
抗酸化作用(細胞の老化を防ぐ効果)

L-システイン(ハイチオール錠80㎎)

L-システインは髪や爪、皮膚にも存在する成分で、「アミノ酸」の一種です。

アミノ酸とは、身体の構成成分となり生命活動に必要なたんぱく質を作り出す成分です。

アミノ酸のなかでも、体内で合成できないため外から取り入れる必要のあるものを「必須アミノ酸」、体内で合成できるものを「非必須アミノ酸」と言い、システインは後者に当たります。

<L-システインの作用>

美肌づくりを助ける
身体の代謝を助ける
抗酸化作用がある

グルタチオン(グルタチオン錠100mg)

グルタチオンは、生体内で有害な活性酸素を中和してくれます。

外因性抗酸化物質であるビタミンC、およびビタミンEを還元型(活性型)に維持して、抗酸化作用を発揮する手助けをします。

つまり、グルタチオンは体内で作られる抗酸化物質として働くだけでなく、外から取り入れられた抗酸化物質と協力して、「体をさびさせないようにする重要な役割」を担っています。

また、グルタチオンは、様々な薬物や毒物(解凍系というエネルギー生産系から生じるメチルグリオキサールなど)と結合して、毒素を胆汁中や尿中に排出します。いわゆる解毒作用を有しています。

メラニン色素細胞は「チロシナーゼ」という酵素の働きで、チロシンからドーパ、ドーパキノンを経て、メラニンを作ります。グルタチオンは、このチロシナーゼという酵素の働きを阻害することによって、メラニンの形成を防ぎます。

メラニンにはユーメラニンフェオメラニンの2種類があります。ユーメラニンは黒褐色、フェオメラニンは黄色~赤色のメラニンです。

肌や髪の色は、ユーメラニンとフェオメラニンの割合の多さで決まっています。 白人はフェオメラニン優位で、黒人はユーメラニン優位です。グルタチオンは、メラノサイト内で黒褐色のユーメラニンから黄色~赤色のフェオメラニンへシフトすることで、フェオメラニンの合成に積極的に関与しています。

 

<グルタチオンの作用>

抗酸化作用

解毒作用

抗メラニン作用

フェオメラニンの合成

美容内服療法(サプリメント)の費用

項目 詳細 料金
トランサミンカプセル250mg(トラネキサム酸) 180錠 2,600円(税込2,860円)
シナール配合錠 90錠 1,300円(税込1,430円)
ハイチオール錠80㎎ 90錠 1,300円(税込1,430円)
グルタチオン錠100㎎ 90錠 1,300円(税込1,430円)