フォトフェイシャルの効果|近鉄生駒駅の形成外科・美容皮膚科|なかにし形成外科クリニック

〒630-0257
奈良県生駒市元町元町1丁目3−22 アクタスビル 4階
0743‑74-9911
WEB予約
ヘッダー画像

ブログ

フォトフェイシャルの効果|近鉄生駒駅の形成外科・美容皮膚科|なかにし形成外科クリニック

フォトフェイシャルの効果

フォトフェイシャルを受けた方の、経過をご紹介します😌

《症例写真》

症状:しみ・くすみ

治療内容:フォトフェイシャル1回(¥19,800税込)

ケアシスペップビュー1回(¥13,200税込)

治療の主なリスク・副作用:照射時の疼痛、火照り、発赤、痂皮形成、炎症後色素沈着

照射直後は、濃いしみの部分を中心に火照り・赤みが比較的しっかりと出ています。施術後はパックで鎮静化させて終了します。直後〜10日間程、かさぶたができたりしみが浮き上がって濃くなる経過があります。

照射から2週間後に、ケアシス(エレクトロポレーション)で成長因子美容液を導入して肌の修復と再生を促します。

1ヶ月後、くすみがぬけてスキントーンが上がり、小じわ、毛穴も含め肌質が改善しています。全体的にしみも薄くなっていますが、濃いしみは、まだ残ります。「炎症後色素沈着」の影響もあるので2回目のフォトフェイシャルは初回照射の約2か月後にご案内しています。

 

当院のフォトフェイシャルはルミナス・ビー・ジャパン社の「Stellar M22(ステラM22)」という最新機種を使用しています。

また照射手順や設定、出力は院長自身の経験から独自の照射方法を確立しています。

これまでフォトフェイシャルは「7-8回程度繰り返し照射して効果を感じられる」というような説明が多かったと思いますが、当院のフォトフェイシャルは設定・出力を強めにしていますので、1回でもしっかり反応してシミ改善が得られます。

顔全体の治療になるのでシミだけではなく他にも毛穴や小じわ、肌質改善を自覚される方が大半です。

ご興味ある方は是非ご予約ください!