ZO SKIN のススメ〜GSRから始めよう〜|近鉄生駒駅の形成外科・美容皮膚科|なかにし形成外科クリニック

〒630-0257
奈良県生駒市元町1-3-22 アクタスビル4階
0743‑74-9911
WEB予約
ヘッダー画像

ブログ

ZO SKIN のススメ〜GSRから始めよう〜|近鉄生駒駅の形成外科・美容皮膚科|なかにし形成外科クリニック

ZO SKIN のススメ〜GSRから始めよう〜

なかにし形成外科クリニックでは「ZO SKIN HEALTH」のホームケア製品をイチオシでオススメしています。

理由は

肌質改善効果が非常に高いこと

多彩なラインナップにより、様々なお悩みをカバー出来ること

③製品の容量が多いため、意外にコストパフォーマンスが良いこと

④メーカーによる製剤であり、製品の質がしっかり管理されていること(院内オリジナルでは不可能)

⑤人気メーカーであり、少しずつ旧製品がリニューアルされたり新製品が登場すること

 

ZO SKIN HEALTHのことを調べると

「皮がめくれて、ぼろぼろになる」

「皮膚が赤くなったり、反応で痛みがある」 

などの口コミや記事が見られるため、ちょっと抵抗感を感じている方も多いかもしれません。

これは「正しい使い方や製品の特徴を理解されずに使っている結果」です。

上記のような激しい反応がでる製品は「一部の商品のみ」であり、しっかり理解して使用すれば

反応はコントロールできますし、反応の出ない製品で肌質改善を図ることも出来ます!

そんなに「ボロボロ」にはなりません!赤みもちゃんとセルフコントロール出来るように指導します。

そんなことを恐れてゼオスキンを使っていないなんて、もったいないです。SNSなどの噂に惑わされず、是非一度

自分自身で使ってみて、確認してみてはいかがでしょうか?

 

ZO SKIN HEALTHをこれから初めて使ってみようと思う方に、まず最初にオススメしたいのは

GSR(Getting Skin Ready)の製品です。

2点セットで12,000円(税込13,200円)です。

 

クレンジングシリーズ(メイク落としを兼ねた洗顔料)より1点

+バランサートナー(化粧水)

の2点セットです。

 

<クレンジングシリーズ(メイク落としを兼ねた洗顔料)>

いずれも200ml 、 5,600円(税込6,160円)

 

①ハイドレーティングクレンザー

 (普通〜乾燥肌向け、しっとり洗顔)

 

②ジェントルクレンザー

(オールスキンタイプ、さっぱり洗顔)

 

③エクスフォリエーティングクレンザー

(普通〜脂性肌、ニキビ肌向け、スクラブ洗顔)

上記3点の中から1つを選んでもらいます。

いずれも使い方は同じです。

使用頻度: 毎日 朝・晩
手のひらと顔を濡らし、 500円玉大を手に取り40-60秒を目安に洗って下さい。

何度も言いますが、3ヶ月分で5600円です。効果を考えると安いと思います。

ちなみにエクスフォリエーティングクレンザーが一番売れているそうです!

サリチル酸とビタミンEスクラブによる効果への期待の現れでしょう。

 

 

<化粧水:バランサートナー>

180ml 、6400円(税込7,040円)

使用頻度: 朝・晩

毎日 500円玉大を目に入らないよう注意し顔全体に塗布します。

 

ゼオスキンの各プログラムでもこの化粧水洗顔は共通なので、まずはこの2品で「お肌の準備」を整えてから、

製品の良さを感じることが出来たら、次のステップに進むといいでしょう。

ちなみに洗顔と化粧水のセットで通常の容量で使っていくと3ヶ月程度は持ちます

(使い方の個人差はあります)

3ヶ月で12000円なら月に4000円程度の投資です。

 

GSRの効果をさらに上げるためのオプション製品

ニキビ毛穴角栓などが気になる方には追加でもう一品

「エクスフォリエーティングポリッシュ:65g  8,200円(税込9,020円)」

をオススメします。

使用頻度: 朝or夜

普通~乾燥肌:週2~3回

脂性肌:毎日

洗顔後、1gスプーン(無償提供品)を手にとり、顔が濡れた状態で 使用し40~60秒を目安に優しくマッサージしてから洗い流します。

※スクラブは溶けませんので洗い流して下さい。

※目の中に入らないよう注意して下さい。

 

 

ゼオスキンのGSRシリーズを使い始めることで、「肌質の改善のきっかけ」になりますので、施術だけで頑張っている人や、市販品の洗顔・化粧水で対応している方には是非トライしていただきたいメニューです。

 

クリニックで施術を受ける際に、看護師にゼオスキンのGSRで相談」とお声がけください!

受診なしでも営業時間内であれば受付で購入することも可能です。

 

 

<予告:次のステップとは・・・>

「ビタミンAによる肌質改善」

「ハイドロキノン・ノンハイドロキノン製品による美白治療」

またブログで解説します!