フォトフェイシャル|近鉄生駒駅の形成外科・美容皮膚科|なかにし形成外科クリニック

〒630-0257
奈良県生駒市元町1-3-22 アクタスビル4階
0743‑74-9911
WEB予約
ヘッダー画像

フォトフェイシャル

フォトフェイシャル|近鉄生駒駅の形成外科・美容皮膚科|なかにし形成外科クリニック

なかにし形成外科クリニックのフォトフェイシャル治療のこだわり

①Stellar M22(ルミナス・ビー・ジャパン社)のフォトフェイシャルを使用することへのこだわり

なかにし形成外科クリニックではルミナス・ビー・ジャパン社の「Stellar M22」のフォトフェイシャルをご提供させていただいております。

ルミナス社のM22は2017年から生駒市立病院の美容外来で使用しておりました。

Dr施術で全顔照射も対応していた経験から、M22のフィルターと出力、ショット数の適切な設定を検討してきた結果、最終的に深部695nmフィルターでの全顔照射+表在560nmフィルターでの全顔照射にStellar M22から薬事承認となった515nmフィルターによるシミスポット照射がBESTな照射と考えています。

なかにし形成外科クリニックのフォトフェイシャルはこだわりのトリプル照射(696nm全顔+560nm全顔+515nmスポット)で対応しています。

 

②ショット数とフィルターへのこだわり

フォトフェイシャルの効果は「機械の性能」「照射設定(フィルターや出力)」、そして「ショット数」で大きく変わってきます。

なかにし形成外科クリニックでは①でも説明したとおり、最新型Stellar M22を使用し、新規採用の515nmフィルターを存分に生かした照射設定を採用しています。

それに加えてこだわりもってご提供している点としては施術1回に対する「ショット数」です。

当院では全顔照射2コース(695nm+560nm)に加えて、515nmスポット照射を行うため、合計ショット数は200-250shotほどになります。

(シミの多い少ないで多少症例によって差はあります)メーカー担当者から聞く平均ショット数は100-120shotほどですので、倍近くのショット数を「基本照射」としています。

Stellar M22の性能を最大限に生かすために検討を重ねて、この照射設定にしております。これまでIPLであまり反応が出なかった方も、しっかり効果を感じていただける設定となっています。

 

治療内容:M22(フォトフェイシャル)
2ヶ月の間隔をあけて5回照射しています。
費用:フォトフェイシャル 18000円/回
治療の主なリスク・副作用:照射時の疼痛、濃いシミのところは2−3日程度で黒色の痂皮が生じます。治療効果は個人差があります。

そばかす状のシミは劇的に改善することが多く、フォトフェイシャルの良い適応です。

治療内容:M22(フォトフェイシャル)
2ヶ月の間隔をあけて2回照射しています。
費用:フォトフェイシャル 18000円/回
治療の主なリスク・副作用:照射時の疼痛、濃いシミのところは2−3日程度で黒色の痂皮が生じます。治療効果は個人差があります。

治療内容:M22(フォトフェイシャル) 1回照射
費用:フォトフェイシャル 18000円/回
治療の主なリスク・副作用:照射時の疼痛、濃いシミのところは2−3日程度で黒色の痂皮が生じます。治療効果は個人差があります。

Stellar M22照射後の経過

スポット状の濃いシミは、スポット照射を繰り返すことで少しずつ薄くしていきます。ダウンタイムが少ないので、1−2ヶ月毎の全体照射のタイミングで、スポットしみのところも重点的にスポット照射を繰り返します。

しわの改善も顕著に現れます。目尻、目元のシワの改善は、照射前後の写真比較をすると際立つので、フォトフェイシャルを受けるタイミングで必ず写真を撮影し、2回目以降は初回と比較するようにしています。

たるみについても顎の下あたりが引き締まり、顔のラインがシャープになることが多いです。フォトフェイシャルでたるみが取れた患者さんは、少し痩せた印象になりますので「痩せましたか?」と聞いてしまいますが、体重の変化はないので否定されてしまいます。

赤ら顔についての効果は少し遅れて現れます。それでも2−3回ほど照射すると、頬の下の方や外側から赤みの範囲が減ってきます。温度差で火照ることが減ったとよく言われます。

治療内容:M22(フォトフェイシャル)
2ヶ月の間隔をあけて4回照射しています。
費用:フォトフェイシャル 18000円/回
治療の主なリスク・副作用:照射時の疼痛、濃いシミのところは2−3日程度で黒色の痂皮が生じます。赤ら顔改善効果は個人差があります。

副産物として口周りの産毛の脱毛効果が得られます。脇や足の脱毛と同じく「毛周期」があるため3−4回照射すると効果が出てきます。顔剃りなどム毛処理が減って楽になるのと、化粧乗りがよくなること、あとは毛穴が縮小して目立ちにくくなり、きめ細やかな肌質になるなどの効果が得られます。

③施術後のアフターケアへのこだわり

施術後のアフターケアとして「GFハイドロジェルモイスチャライジングマスク」のクーリングパックを15分程度行っています。

超保湿ジェルマスク「GFハイドロジェルモイスチャライジングマスク」はEGF(上皮細胞成長因子/ヒトオリゴペプチド-1)、抗酸化物質、オメガ3およびオメガ9(不飽和脂肪酸)、鎮静物質、抗酸化物質などの天然成分が豊富に含まれています。

ミネラルと成長因子を独自の配合により設計された海藻由来の天然ジェルであり、肌の最適な保湿と再生を促し、肌のバランスを整え、より若々しい外観を回復します。

乾燥肌または潤いを失った肌に水分を補給します。赤みを抑える効果も期待できます。上皮成長因子が新しい細胞の生成を促進し、輝く肌を構成します。

 

フォトフェイシャル後の鎮静にもこだわって施術を提供しています。

フォトフェイシャル「Stellar M22」

フォトフェイシャル®は、日本ルミナス社製のIPLというマイルドな光を顔全体に照射し、様々な肌トラブルを改善していく治療です。フォトフェイシャル一般的には「光治療」「IPL:Intense Pulsed Light」と呼ばれ、特殊な波長の光を肌に照射することで肌のしみ、しわ、たるみ、毛穴の開き、毛細血管拡張など様々なトラブルを改善してくれる治療です。

シミ・ソバカスの原因であるメラニン色素や、赤ら顔の原因であるヘモグロビンなど、複数の色素に作用して改善するとともに、真皮層にも働きかけることでコラーゲンを増生し、肌のキメや質感を整えます。透明感がアップし、ハリのある素肌がよみがえります。今まであきらめていた様々な肌トラブルを同時に改善します。

レーザーとは異なるマイルドな光治療のため、痛みが少なく、施術時間は15分~20分、直後からメイクも可能でダウンタイムもないため、気軽に受けることができる美肌治療です。麻酔も不要で、ダウンタイムも少ないので、挑戦しやすい美容メニューと言えます。

なかにし形成外科クリニックでは「Stellar M22」を用いて、効果的はフォトフェイシャル治療を提供します。

フォトフェイシャルの効果・機序

効能・効果

  • しみ・そばかす
  • くすみ
  • 赤ら顔・毛細血管拡張
  • 毛穴の開き
  • 小じわ
  • ハリ感

機序:フォトフェイシャルはなぜ効果があるのか

フォトフェイシャル Stellar M22は、光の届く深さにあわせたフィルターを変更することで色んな効能を生み出します。たとえば、シミに特に効かせたい場合は浅めを狙ったフィルター、たるみや毛穴、脱毛を狙う場合は深めのフィルターというように、目的別に設定されています。

上記のイラストのように、浅いところに存在するシミの治療には515nm,560nmのフィルターをセットして、シミを標的として照射します。

一方で、695nmのフィルターをセットすると、真皮の中層から深部に光が集中的に届くので、真皮が光のエネルギーにて引き締まり、毛穴や小じわ、たるみの改善が得られます。

 

表皮と真皮の境目に毛細血管が多い層があり、いわゆる赤ら顔はこの辺りの血管拡張が主体となります。こういった場合には590nmのフィルターで毛細血管を標的として光を照射します。

いろんな照射方法がありますが、stellar m22を有効利用してフォトフェイシャルの効果を確実に感じられるようにするには、個々の肌質に合わせていくつかのフィルターで波長を変えて複合照射します

 

①タイトニング照射 (695nm):顔全体の引き締め、毛穴の開きやシワの改善に特化したフィルターによる照射

②しみ・くすみ照射(560nm〜590nm):範囲の広いしみ、赤ら顔、顔全体の明るさ改善に特化した照射

③スポットシミ照射(515nm):スポットしみやそばかすに個別に照射

 

特にお悩みの多い「しみ、くすみ」に関しては、全体照射とスポット照射の両方を行います。

病院にもよりますが、少ないショット数(60-80ショット前後)で回数を多く設定している場合もあります。そういうクリニックのフォトフェイシャルは「毎月照射を7-8回してから効果が実感できる」という説明をされることがありますが、ショット数の多い当院の照射方法では1回-2回だけでも充分な改善が期待できます。

 

フォトフェイシャル後の経過と次回照射のタイミング

照射後の反応

照射直後しみ・そばかすに一致して少し赤みが出る程度です。

2−3日すると小さな黒い斑点がポツポツと浮かび上がってくるように出ます。1週間ほどすると自然に洗顔しているうちに取れて、きれいになります。

レーザー後のような色素沈着はほとんどありません。特にガーゼや軟膏などの処置は不要で、普通に基礎化粧品を使用してもらって、洗顔、入浴も通常通りでOKです。

 

次はいつ照射するのか

フォトフェイシャルは肌にとって強烈な光を照射する治療であり、あくまで「ダメージ」と考えます。短期間での連続での照射は推奨していません。

うちではフォトフェイシャルとともにホームケアによる治療を積極的に勧めています。

積極的に治療を進めていきたい方には、エレクトロポレーションとの併用もおすすめです。

フォトフェイシャルだけで言えば1〜2ヶ月ごとの照射です。

フォトフェイシャルはダウンタイムが少ないとは言え、細かい「照射後炎症性色素沈着」は生じており、それらがしっかり抜けるのを待ってから2回目照射を行わなければ2回目のビームが色素沈着に邪魔されて本来の照射力が引き出せないためと考えています。

レーザー治療であれば6ヶ月ほど色素沈着が引くのを待つことも普通です。2ヶ月開ける間に、ホームケアでしっかり改善して次の照射に備えます。ここをゼオスキンで整えあげれば完璧です。

施術を活かす、ホームケアの重要性

ホームケアで基本的スキンケアがしっかり出来ていなければ、せっかくのフォトフェイシャルも「実力」を発揮できません。

たとえばホームケアが改善力の高いもの(ゼオスキンのシリーズなど)を使用している場合はフォトフェイシャルを行えばさらに改善の速度は上がります。半年くらいの間にぐんぐんよくなっていく印象です。

上記の図を御覧ください。

ホームケアを改善力の乏しいもののまま、フォトフェイシャルを追加しても、1−2ヶ月の待機中にホームケアによる「押し上げ」がないため、徐々に劣化が進んでしまいます。無理に回数をふやしてフォトフェイシャルで維持させようとしても、ダウンタイムが生じてしまいますし、費用負担も増えます。

ここまで説明しておきながら微妙な話ですが、正直なところ、フォトフェイシャルをしなくても、ゼオスキンの改善力が半端なく強いため、予算に限りがある方にはフォトフェイシャルよりもゼオスキン のホームケアによる対策を優先させています。

フォトフェイシャルはあくまで「引き立て役」です。でも映画でもドラマでもそうですが、「引き立て役」にしか出来ない良い仕事をしている感じです。

フォトフェイシャルが美容診療を受けるきっかけになっている方も多くおられます。まずはご希望の施術を受けられて、信頼関係が出来てからホームケアの治療に移られる流れが非常に多いように思います。

 

 

レーザーよりフォトフェイシャルをオススメする理由

結論:フォトフェイシャルのほうがダウンタイムが少なく全体治療を低価格で実現できる。最新のIPLは進化しており、レーザー並の「シミ除去効果」あり、色素沈着が少ない。

レーザーでシミ取り放題<全体照射ということを、イメージしましょう。解説します。

ダウンタイムが少ない

レーザー治療は主に「Qスイッチルビーレーザー」「Qスイッチアレキサンドライトレーザー」「ピコ秒レーザー」が挙げられます。シミ治療としては昔からスタンダード治療として実施されてきました。

デメリットは「ダウンタイム」です。レーザー照射はメラニン色素を破壊するパワーは強いのですが、その反面、色素沈着をいかに抑えるかがポイントになります。体質によってはほとんど色素沈着が出ない方もいますが、日本人の3分の1くらいの方が色素沈着がでやすい体質といわれており、照射後にいろんなケアで対策していくことになります。

フォトフェイシャルはそばかすタイプの薄い小さい点状のシミにはよく効きます。全体照射をざっと照射した後に、それぞれのスポット状のシミに対して個別にスポット照射をしていきます。浅いシミに焦点をしぼったフィルターを使えばレーザーに劣らないくらいの改善力が得られます。

なによりダウンタイムが少ないことは最大のメリットです。

また全対照射していることから、気になるシミ、狙ったシミ以外の「隠れシミ」にまで効果を発揮するので、予想していた以上の付加価値が得られます。

 

全体治療を低価格で

フォトフェイシャルは機械もどんどん進化し、数年前よりも導入クリニックが増えたために価格がかなり抑えられてきました。

現状の価格帯が「適正価格」と言えると思います。

全顔治療を、フォトフェイシャルの適正価格で、適正なショット数・ショット出力で提供しているクリニックを見つけることができれば、「レーザーよりフォトフェイシャルが良い」と思えるはずです。

レーザーのほうが良い適応と言えるのは「完全に1箇所だけのスポットシミを取りたい」という人でしょう。そこだけ治療でいいなら、フォトフェイシャルを全顔する必要はありません。

気をつけるべきは、フォトフェイシャルの「機器」、「ショット数」「照射出力」「そのクリニックのこだわり」だと思います。全顔50−70ショットのみ、10分くらいの施術で「フォトは7−8回しないと効果ないですよ」なんていうクリニックは要注意だと思います。

せっかくフォトフェイシャルには光線の波長をコントロールできる能力があるので、浅め・深め・スポットを変えて全体・局所というように、いろんな角度で全体治療を行うクリニックは信頼出来ると思います。単にショット数が多いだけでも「痛いだけ」になりますので、適正なショット数で適正な出力で照射してもらいましょう。

ショット数や出力についてまで言及していたり、クリニックオリジナルの照射方法を研究しているようなところは、かなり機械の特性を研究されている先生がいるはずなので、効果も良いと思います。フォトフェイシャルといってもクリニックによって効果が全然違うということです。

 

「取り放題」というパワーワードにやられがちな「全体治療」

「しみ取り放題」ってパワーを感じる用語ですよね。先日も、カフェで勉強していると後ろに座ったご婦人たちが「シミ取り放題って行ってきたのよー♪」みたいなお話をされていました。噂を聞きつけ、わざわざ電車で30分ほどの遠くまで行かれたようです。

それくらい「取り放題」というインパクトのある言葉は人を惹きつけます。

でもよく考えてみてください。レーザーで取り放題って、自分が指定した「ここ!」っていうところにレーザーを当ててもらえるということですよね。小さいシミが沢山あるので、取り放題のほうが安く済みそう・・・。いえいえ、フォトフェイシャルはそもそも全体照射ですよ。

フォトフェイシャルで顔全体の「目立つシミ、目立たないシミ、隠れシミ」もすべてひっくるめて、全体照射をしてから、気になるシミは指定してスポット照射を念入りにしてもらえば「取り放題」以上の効果が得られます。

取り放題は言い方を変えれば「患者さんが希望したところだけの治療」であり、「希望されなかったところは治療していません」

全体照射は「お顔のトータルコーディネート」、希望とか関係なく、お顔の全体のシミ・たるみ・毛穴の開き・産毛などすべてを改善させてくれます。

「食べ放題」「詰め放題」「取り放題」というような「甘い言葉」は、しっかりと見極めて、理解する必要があります。

それにしても「取り放題」というパワーワードは魅力的なのは確かです。

自分なら「IPL基本全体照射しっかり+局所の気になるところのスポット照射当て放題」というメニューが理想です。

Stellar M22を受ける際の注意点

<施術を受けられない方>

  • 光過敏症・光アレルギーの方
  • 妊娠・授乳中の方
  • てんかん・光に当たるとけいれんを起こしやすい方
  • 過度の日焼けをされている方
  • 血液をサラサラにするお薬を内服中の方
  • ペースメーカーならびに重篤な心疾患をお持ちの方。

美容用の糸・シリコンプロテアーゼが入っている方は施術できない可能性があります。

カウンセリング時にお気軽に確認してください。

 

<主なリスク・副作用・注意事項 >

施術の前後は、日焼けを避け、日焼け止めを使用してください。紫外線に当たると色素沈着の原因となります。しっかりと保湿してください。

機能性のある化粧品は、(グリコール酸、レチノール、ハイドロキノン、トレチノイン等)は、使用しないでください。

メイクは当日から可能ですが、赤みが出ている場合は控えてください。こすらないように優しくメイクしてください。

施術当日から、入浴は可能ですが、サウナや半身浴は避けてください。

お顔のマッサージは避けてください。

フォトフェイシャルの費用

自費診察料

項目 詳細 料金
初診料 自費診療の初回のみ算定させていただきます。 1,000円(税込1,100円)
再診料 自費診療の再診の際に算定させていただきます。 500円(税込550円)
カウンセリング料 物品のご購入や施術のご予約が無く、カウンセリングのみの場合に算定させていただきます。 1,000円(税込1,100円)

フォトフェイシャル(ステラM22)の費用

項目 詳細 料金
全顔+GFハイドロジェルマスク付 695nmによる全顔タイトニング照射+560nmによる全顔トーニング照射を行います。その後、515nmによるスポットシミ照射を追加し、最後にGFハイドロジェルマスクにてクーリングパックを行います。 18,000円(税込19,800円)
全顔+ケアシスS(ペップビュー+) ステラM22による照射後、ケアシスs(導入美容液:ペップビュー+)を行い、クーリング+美容液導入を追加します。 27,000円(税込29,700円)
全顔+ハイドラフェイシャル 先にハイドラフェイシャルによるクレンジング・角栓除去・ピーリング・美容液注入を行い、その後ステラM22による全顔タイトニング・全顔トーニング・スポットシミ治療を併用します。 32,000円(税込35,200円)
首(あご裏〜デコルテ) 20,000円(税込22,000円)
あご裏 10,000円(税込11,000円)
手の甲(両手) 10,000円(税込11,000円)
前腕 20,000円(税込22,000円)
上腕 25,000円(税込27,500円)
肝斑セット(695nm+点滴・サプリ) 肝斑を悪化させにくい695nmのフィルターを中心に全顔タイトニング、全顔トーニングを行います。肝斑の領域から外れたシミにはスポットシミ照射も追加します。終了後に美白点滴を行います。1ヶ月分の美白サプリメントも料金に含まれます。 25,000円(税込27,500円)
ドライアイ照射 マイボーム腺の分泌を刺激する目元を中心としたIPL照射です。695nmフィルターにて全顔照射をした後に、目元周囲に集中的に照射します。美肌効果+マイボーム腺の分泌活性化にてドライアイの改善を促します。3−4週に1回のペースで4回の照射をおすすめします。 10,000円(税込11,000円)
赤ら顔照射+GFハイドロジェルマスク付 27,000円(税込29,700円)
GFハイドロジェルマスク追加 2,000円(税込2,200円)

IPL(Intense Pulsed Light)と呼ばれるマイルドな光を顔全体に照射し、様々な肌トラブルを改善していく治療です。シミやそばかす、ニキビ跡やくすみはもちろん、赤いニキビ跡や赤ら顔にも効果を発揮します。
また、真皮層にも働きかけることによってコラーゲンを生成し、肌のキメや質感を整え美肌へと導きます。

回数を重ねることでますます透明感が増し、お肌全体がトーンアップします。
レーザーとは異なるマイルドな光治療のため、痛みが少なく、施術時間は短時間で可能です。 また直後からメイクも可能でダウンタイムもないため、気軽に受けることができる美肌治療です。

 

 

 

GF ハイドロジェル モイスチャライジング マスク

超保湿ジェルマスク「GFハイドロジェルモイスチャライジングマスク」はEGF(上皮細胞成長因子/ヒトオリゴペプチド-1)、抗酸化物質、オメガ3およびオメガ9(不飽和脂肪酸)、鎮静物質、抗酸化物質などの天然成分が豊富に含まれています。ミネラルと成長因子を独自の配合により設計された海藻由来の天然ジェルであり、肌の最適な保湿と再生を促し、肌のバランスを整え、より若々しい外観を回復します。
乾燥肌または潤いを失った肌に水分を補給します。赤みを抑える効果も期待できます。上皮成長因子が新しい細胞の生成を促進し、輝く肌を構成します。