タトゥー除去|なかにし︎形成外科 クリニック|近鉄生駒駅の形成外科・美容皮膚科

〒630-0257 奈良県生駒市元町1丁目3−22 アクタスビル 4階
TEL0743-74-9911
WEB予約 instagram LINE tiktok
ヘッダー画像

タトゥー除去

タトゥー除去|なかにし︎形成外科 クリニック|近鉄生駒駅の形成外科・美容皮膚科

ピコレーザーによるタトゥー・刺青除去

ピコウェイは刺青の除去にて承認取得

ピコウェイは「体表面の深在性及び浅在性色素性病変の治療、及び刺青の除去を目的とした適応」の薬事承認取得してます。

波長532 nm/1,064 nm/730 nmのピコ秒レーザーを皮膚に照射し、刺青色素への光音響作用及び光熱作用により、色素粒子を破砕することで刺青除去が可能です。

 

刺青除去治療のメカニズム

一般的に刺青除去治療には、Qスイッチレーザーまたはピコ秒レーザーが多く用いられています。

  • 刺青色素の熱緩和時間はns以下と、言われています。
  • ピコ秒レーザーで刺青色素へ照射すると、光熱作用よりも光音響効果が作用します。
  • 選択した波長で標的となる刺青色素の色に選択的にレーザー光は吸収され、熱緩和時間よりも短いパルス幅で照射することにより、刺青色素は組織内で小さく粒子状に粉砕され、マクロファージによる貪食で刺青色素を除去ができます。
  • ピコ秒レーザーは、極めて短いパルス幅で照射することで、ピークパワーが高く衝撃波による光音響作用が主体となるため、空胞形成も小さくなり、治療効率は向上し、瘢痕化や色素沈着 などの副作用を抑えた治療ができます。

刺青の色による吸収曲線

各タトゥーの色の平均クリアランス(除去率)を、785nmと 1064 nm および 532 nm の波長にて比較しました。

紫、青、緑のインクは 785 nm (当院のピコウェイでは730nm)による除去が効果的で、黒インクは 1064 nm でより効果的に除去され、赤と黄色は 532 nm で効率的に除去されました。

ピコウェイによる刺青除去の症例写真

 

ピコウェイによる刺青除去の費用

1cm2(1×1cm) 1回 5,500円(税込)
1~5㎠ 1回 16 ,500円(税込)
6~10㎠ 1回 27,500円(税込)
11~20㎠ 1回 33,000円(税込)
21~30㎠ 1回 38,500円(税込)
31~50㎠ 1回 44,000円(税込)
51~100㎠ 1回 49,500円(税込)
101~200㎠ 1回 55,000円(税込)
201~400㎠ 1回 88,000円(税込)

※400㎠以上は要相談