EVE-V(パノラマAI肌診断システム)|なかにし︎形成外科 クリニック|近鉄生駒駅の形成外科・美容皮膚科

〒630-0257 奈良県生駒市元町1丁目3−22 アクタスビル 4階
TEL0743-74-9911
WEB予約 instagram LINE tiktok
ヘッダー画像

EVE-V(パノラマAI肌診断システム)

EVE-V(パノラマAI肌診断システム)|なかにし︎形成外科 クリニック|近鉄生駒駅の形成外科・美容皮膚科

EVE-V(パノラマAI肌診断システム)とは

EVE-VはEveLab Insight社から発売されたパノラマAI肌診断システムです。

2023年9月13日、当院にEVE-Vが導入されました!EVE-Vのクリニック導入(実際営業しているクリニックとして)は日本初となります!

EVE-Vでは肌の状態を詳細に記録します。さまざまな肌診断機がありますが、EVE-Vに特徴的な5点は以下のとおりです。

①5台のHDカメラを搭載

②5台の構造化ライトを使用して撮影

③5つの光源から光を照射して均一な撮影が可能

④3次元でお顔を再現

⑤3次元でお顔の輪郭を測定

美容治療は「お顔のどこに問題があり、どのように治療を進めていけば効果的なのか」がポイントになります。EVE-Vによるパノラマ撮影での肌診断は治療を効率的に進めていく上での大きな「ヒント」になります。

EVE-Vの特徴

EVE-Vで撮影できる項目

 

 

正確性

5台のカメラ、構造化ライト

 

5種類の光源

EveVのハードウェアには5種類の光源があり、それぞれの光源には異なる機能があります。

現段階では、白色光、平行偏光、交差偏光、紫外線の4種類の光源で撮影しています。

 

白色光

毎日の肌の状態、肉眼で観察可能な表皮の肌の状態を提示し、肌のトーンを明確に判断し、ユーザーの肌のニーズを理解します。

主に検出できる肌トラブル:肌の色、毛穴、黒ずみ、にきび、表面的な色素沈着、しわ、その他表皮の状態。

 

平行偏光

白色光の上に偏光フィルターを加えることで、肌表面の油分による鏡面反射が強調され、肌のキメや光沢などを判断するアルゴリズムを補助します。

主に検出できる肌トラブル:肌のキメ、ツヤ。

 

交差偏光

特殊な交差偏光レンズ群を使用することで、表面の鏡面反射を効果的に除去し、表皮下の肌色が不均一な茶色い斑点や、皮膚の変色、にきび、炎症、酒さ(しゅさ)、微小血管の状態などの炎症を起こした赤い部分をよりよく観察することができます。

主に検出できる肌トラブル:色素沈着、敏感度、肌色の均一性。

 

紫外線

皮膚の真皮まで透過する無害な365nmの紫外線を用いると、表皮や真皮のメラニン、真皮のコラーゲンがこの波長を吸収して青色優位の蛍光を発します。紫外線を照射した皮膚が発する蛍光の度合いを観察することで、皮脂分泌やポルフィリンの状態を明確に判断することができます。

主に検出できる肌トラブル:色素沈着、皮脂分泌、紫斑、にきび。

 

安定性

 

撮影の速さ

EVE-Vの活用方法

EVE-V撮影のサンプルデータ

EVE-V撮影の価格

登録料 2,200円(税込)

初回に1回登録料を上記のとおりいただきます。

初回登録後の撮影は、基本的には施術を受けるタイミングでの撮影になりますが、無料です。